グレース・チャペル(基督聖協団市川教会)教会紹介ページ

HOME > - 今月のニュース & コイノニア(信徒の交わり) & 各礼拝について 市川・狛江・横浜礼拝場所の詳細- > 教会紹介 初めてこられた方へ-

■ グレースチャペルの礼拝について


グレースチャペルでは、東京 (狛江) 、千葉 (市川)、神奈川(横浜) の
3箇所で礼拝を行っています。

賛美は現代的なプレイズ&ワーシップを中心に、
賛美歌や聖歌も用いています。

メッセージはわかりやすい講解説教(約30分)が中心です。

ぞれぞれの礼拝は、インターネット(ZOOM)を用いての礼拝も同時に配信しています。

また現在、信徒が自主的に活動するセル・グループ「コイノニア」を中心に、
聖書の学びを導く家庭集会をネットなどにて、行っております。

ネットで礼拝、コイノニアに参加ご希望の方は、平塚牧師まで事前にご連絡ください。
(メール:nobhira52@yahoo.co.jp、携帯:090-1120-3607)

■ 私たちがなすべきこととして

クリスチャンとして生きること


グレース・チャペルでは、『クリスチャンとして生きること』への回答として、
1.聖書の学び 2.相互の交わり 3.聖餐と愛餐 4.祈りの成長
の4つを私たちのなすべき事と理解し日々取り組んでいます。

また、聖書の御ことばから、私たちがどのような信仰に立ち、どのような教会で、
どのような信徒として神さまと人とに如何に仕えて行くのかを、
6つの信条として表明しています。

6つの信条


1.私たちは、礼拝が教会の第一の奉仕であり喜びであると信じ、父と子と聖霊の三位一体の神様を礼拝します。
私たちは、父なる神様が、霊とまことをもって主を礼拝する者たちを求めておられ(ヨハネ4:23)、神様の恵みと栄光をほめたたえるために、私たちが天地創造の前からキリストによって選ばれ、贖われ、神の子とされたこと(エフェソ1:3~14)を信じて、主の御名をとこしえにほめたたえます。

2.私たちは、聖書の御言葉を生ける神の言葉と信じます。
「聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益」(テモテ二3:16)であることを信じ、日々御言葉を学び、従い、大切にします。

3.私たちは、祈りが、神様がお与えくださった大事な恵みの手段であることを信じて、日々主の御前に祈ります。
キリストの弟子たちが「わたしたちにも祈りを教えてください」(ルカ11:1)と主に願ったように、祈ることを学びます。また「絶えず祈りなさい」(テサロニケ一5:17)という使徒の教えに従って、日々祈りに励みます。

4.私たちは、相互の交わりを大切にします(使徒2:42)。
信徒の交わりは、御父と御子イエス・キリストとの交わりであり、これによって喜びが満ちあふれるようになるためであることを信じ(ヨハネ一1:3,4)、互いに愛と善行に励むように心がけ、主が再び来られる日を待ち望みつつ、共に励まし合い、集い続けます(ヘブライ10:24、25)。

5.私たちは、主イエスの姿にならい、神と人に仕えます(マルコ10:45)。
「互いに仕えなさい」(ガラテア5:13、ペトロ一4:10)という主イエスの教えに従い、仕えることを喜びとします。私たちの間では、仕える者こそが上に立つ者であり、すべての人の先に立つ者は、すべての人の僕であると信じます(マルコ10:43、44)。

6.私たちは、主イエスの宣教命令(マタイ28:18~20)に従って、すべての人々に福音を伝えます。
福音の宣教が使徒パウロにゆだねられたように(テトス1:3)、教会にもゆだねられた大切な使命であると信じ、あらゆる機会と力を用いて、主を宣べ伝えます。

祈りと聖霊による神のめぐみをイメージしたロゴ
グレースチャペルエンブレム


グレースチャペルには、エンブレムをかたどったロゴがあります。
このロゴには、グレースチャペルの祈りを中心に、神様のめぐみ、聖霊の働き、などが
込められ、信仰の盾としてイメージされています。

■ Grace Chapelのロゴについて


 

Design Concept

詩篇119篇:114節

あなたはわが隠れ家、わが盾です。わたしはみ言葉によって望みをいだきます。(詩篇119:114)から、教会が世にある悪やサタンの誘惑からの隠れ家であり、人生における強い盾であることを示す盾のフォルムを採用しました。

エフェソの信徒への手紙 1章:7節

わたしたちはこの御子において、その血によって贖われ、罪を赦されました。これは、神の豊かな恵みによるものです。(エフェソの信徒への手紙1:7)Grace Chapelの名前である「Grace(恵み)」の由縁であるこの聖句がエンブレムの周囲には、ギリシャ語で入っています。

ルカによる福音書11章:1節

Grace Chapelの頭文字「G」を少し傾けると、私たちの教会の最大の特徴である祈りの姿勢に見えてきます。「主よ、ヨハネが弟子たちに教えたように、わたしたちにも祈りを教えてください」と(ルカによる福音書11:1)のように、跪(ひざまず)いて祈る姿に主が応え、父と子と聖霊の賜物を与えてくださるイメージを図案化しました。


CIMG0120.JPG

1956年栃木県生まれ。
千葉県市川市で開拓伝道の働きをした後、MACF(ミッション・エイド・クリスチャンフェローシップ)に合流し、2006年8月まで協力牧師として働く。
2006年9月よりグレースチャペル牧師。LinkIconJTJ宣教神学校講師。
LinkIcon牧師に問い合わせる

IMG_0006.jpg
礼拝の様子

PA221975.jpg
牧師夫妻


GracechapelRG_White.jpg
グレースチャペルエンブレム